• オーダースーツの魅力
  • ハンドメイドオーダー
  • マシンオーダー
  • リフォームについて
  • お近くの取扱店

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

11月12日は「洋服記念日」です


11月12日は「洋服記念日」です。
本日の朝の情報番組「ZIP!」の一コーナー「きょう検定グレート」でも紹介されました。これにあたり、当組合にもZIP!様から取材をいただきました。



↓ZIP!のホームページの記事ページはこちらをクリック

http://www.ntv.co.jp/zip/onair/kenteigreat/52229.html



洋服記念日は下記のように、当組合とは切っても切れないご縁があります。


【洋服記念日の由来】
 明治5年11月12日かねてから研究中であった政府は、太政官布告(第373号) をもって「爾今礼服は洋服を採用する」と布告し、勅奏任官並びに非役有位者の各大礼服および上下一般通常礼服をい改め、それまでの衣冠を祭服としました。
 つまり、直垂・狩衣・裃(ひたたれ・かりぎぬ・かみしも)等は全て廃止され、洋服が儀礼時の定服になったわけです。
 当時、幕末から明治維新を経て鹿鳴館時代に日本洋装史の研究家に久保蘇堂という人物がいました
 彼は明治5年11月12日大政官布告はその後の洋服業者の運命を左右した重要な要因で、洋服業者はこの日を銘記しておくべきだとし、業界紙「日本毛織新報社」の米田秀吉社長はこの日を「洋服記念日」としてなんらかの行事をしたらどうかと提言した。
 当初の東京洋服商工組合の市瀬組長は、この意見を取り入れ昭和4年11月12日に第1回目の記念式典を行った。
 以後、戦時中に一時中断したものの、現在もこの行事は継続されています。



 | ホーム |  page top