• オーダースーツの魅力
  • ハンドメイドオーダー
  • マシンオーダー
  • リフォームについて
  • お近くの取扱店

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

東京都洋服商工協同組合とは

東京都洋服商工協同組合は、東京都の注文洋服・オーダースーツ仕立て職人の集まりです(千葉・神奈川・埼玉の一部の職人も加盟)。

_1120816.jpg

【所在地】
 〒162-0844 東京都新宿区市ヶ谷八幡町13番地
 Tel:03-3269-7651 / Fax:03-3269-7653

日本で初めて開業した注文洋服店は1859年(安政6年)横浜の居留地の、米国人のエリザベス・ゴッドウィン・ブラウン婦人のお店でした(夫はブラウン博士。夫妻は米国大使館付のプロテスタント宣教師)。福沢諭吉が蘭学塾(慶應義塾の前身)を創立した、その翌年のことです。

その後、足袋職人、袋物師、仕立師が洋服仕立てを学び始めます。進取の気風に富んだ当時の洋服仕立職人たちが、明治時代の注文洋服業を確立します。職人仲間が組合運営の先駆者となり、1985年(明治19年)当組合の先達となって「東京洋服商工協同組合」が成立しました。今から120年以上も前のことになります。

日本の服装文化の歴史を構築してきた東京都洋服商工協同組合は、温故知新、クラフトマンシップをモットーに、最高の品質を追求する職人の集まりとして、注文洋服の発展・普及を担って今日に至りました。

質の高い品格ある服装文化の追求とは、長い歴史の中で育まれた豊かな伝統の技による、「着心地の良い感動を」が基本姿勢の洋服創りのことです。

これからも、この原点を迷うことなく次の世代に伝えることが、我々の使命であり、職務であります。服装文化の発信者として紳士注文洋服の普及に努め、さらなる発展に貢献して参ります。


参考文献:
『40年のあゆみ』(株式会社東京洋服会館刊)
『東京洋服名鑑』(東京都洋服商工協同組合刊)

CCF20120606_0001.jpg
昭和39年建築当時の会館の様子


※ただいま入居者募集中です。JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分の好立地です。目の前はお堀で、春には見事な桜並木が楽しめます。詳しくはこちらへ。
 | ホーム |  page top